会社沿革

トシマは常に挑戦し続けることで、
新しい可能性を広げ成長してきました


2020年
埼玉営業所の2階を改装し、会議・研修施設として利用開始。

2018年
創立70周年を迎える。
2016年戸田第三倉庫を開設し、戸田物流センターを拡充する。
2014年首都圏第三営業部開設。
戸田配送センターを戸田物流センターに名称変更し、戸田第二倉庫を開設。
2013年創立65周年を迎える。
埼玉営業所に緊急時企業存続計画として自家発電設備を設置。
2012年埼玉営業所にコンピュータバックアップシステム構築。
2011年東日本大震災発生。
仙台支店事務所・倉庫に被害を受ける。

2008年
創立60周年を迎える。
新規事業開発室を首都圏特販営業所に統合。
2006年東京第四営業所開設。神奈川営業所倉庫拡充。
2005年コンピュータ新システム稼動。埼玉配送センター拡充。
2004年新規事業開発室開設。
2003年創立55周年を迎える。横浜営業所を改築し神奈川営業所として開設。
2002年川崎営業所を神奈川特販営業所に統合。
2001年埼玉南営業所を埼玉・戸田営業所に統廃合。東京第三営業所を開設。
2000年創業者 大沼泰三逝去。
1999年組織新体制発足。本社に首都圏特販営業所を開設。川崎営業所に神奈川特販営業所を併設。

1998年
創立50周年を迎える。
1995年埼玉南営業所を開設。
1994年第二次コンピュータ導入プロジェクトスタート。
1993年トシマ会発足。創立45周年記念事業実施。
1991年新組織体制整備。
1990年社名を株式会社トシマに変更、新体制にてスタート。

1988年
創立40周年記念事業実施。CI活動強化。
1987年新しい企業イメージづくりを目的として、CI活動の取り組み開始。
1986年川崎市に営業所を開設。上総一ノ宮厚生施設にて全員参加の研修開始。
1984年武蔵村山市に多摩営業所を開設。都下販売サービスの改善を図る。
1983年戸田配送センターに営業所併設。

1980年
本社倉庫を戸田に移転、戸田配送センター完成。
1976年盛岡出張所を営業所に昇格。
1975年高崎市に営業所開設。
1974年資本金2948万円に増資。
1973年資本金2520万円に増資。盛岡市に出張所開設。

1972年
本社ビル完成。
1971年仙台出張所を支店に昇格。資本金2000万円に増資。
1970年資本金1750万円に増資。

1966年
資本金1250万円に増資。
横浜市に営業所を開設。
北本市に埼玉営業所を開設。
関東3拠点に依る水道管販売の基礎づくりを図る。
1965年資本金1000万円に増資。
1961年資本金750万円に増資。

1960年
現、主要取扱い商品メーカー・株式会社栗本鐵工所の代理店資格を得る。
アルミ製品の需要に応え軽金属販売部門を併設。資本金600万円に増資。
戦後の混乱期から脱却、次世代を考え東北地区第1号店として仙台出張所を開設。
1959年資本金300万円に増資。
1958年合成樹脂部門を併設。
1957年資本金200万円に増資。
1954年資本金100万円に増資。塩ビ管東京都指定販売店となる。
1949年水道用パイプ販売部門を併設。

1948年
東京巣鴨に資本金50万円にて豊島金属株式会社を設立、
主に都商事(現三菱商事株式会社)非鉄金属部の特約店として錫、鉛の販売開始。